ツイッターでもつぶやいたのですが、デイリーのウェブ版がさっしー2連覇の予定稿を公開してしまうという失態をやらかしました(現在は削除済)。ぼくも新卒から8年、新聞社の事業部にいたわけなんですが…

新聞って、死にそうな人が「死んだ」とか、けっこう不謹慎な内容まで、速報をするためにあらかじめ「予定稿」を作っておくこと、実はよくあります。
ちょうど昭和から平成になる時期だったりもして…おっと自粛自粛。
もちろん、それが間違ってもフライングで表に出ないような体制は充分すぎるほど整えてましたけどね。

ぼくがいたころは、競う相手が電波〜テレビとかラジオだったので、それでももちろん四苦八苦してましたけど、いまのようにウェブと競うのは、もう現実的には、速報性という面では「刷って運ぶ」という手段は太刀打ちしようのない時代になってきちゃってますよね。
ただそれとこれとはぜんぜん別の話。(メディアのスピードのお話も機会があれば語ってみたいのですが)

没にする予定稿も、表に出てしまえばはっきり「誤報」です。
これが芸能ニュースでなく、どなたかの訃報とかだったらと思うとゾッとします。
急ぎすぎるあまりに脇が甘くならないよう、自分の仕事におきかえても、じゅうぶん注意したいものですね。
[PR]
by yukihiroxx | 2014-06-08 00:00 | 携帯電話から速報 ! | Comments(0)
<< きょうから神奈川芸術劇場にて「... 清武vsナベツネの一件をどう書... >>