ピヴォ☆ガール終了! 〜駆け足で近況報告〜

おかげさまで1月9日、「ピヴォ☆ガール」無事終了いたしました。
休む間もなく1月28日からの「ラヴシーンVol.10」、2月7日からの「はやく起きた朝は…」が目の前です。4月には、とある大きなミュージカルも控えています。
何はともあれ突っ走ります!応援よろしくお願いしますね。
[PR]
# by yukihiroxx | 2006-01-11 02:57 | 演劇のこと(参加作品) | Comments(0)

ステキな引退試合 〜年始のご挨拶にかえて〜

長くがんばった選手の引退試合はいつも感動的なもの。
昨年の8月17日、素晴らしい試合を観戦しました。

e0094804_165710.jpg日本ハムファイターズが東京から札幌に移転した03年限りで一線を退き、年に数回東京ドームでおこなわれる試合にのみ登場していた、ファイターズのマスコット、ファイティー君。
北海道ファイターズのマスコット、B・B誕生にあたり、03年限りで引退の予定だったのが、ファンの強い要望で04年も東京開催に限り出演を継続。さらにその年のオフ、ある雑誌に「ファイティーは昨年限りで卒業」と書かれたのをきっかけに、再びファンから「告知もセレモニーもなく突然卒業なんて!」と、存続を願う署名運動やブログの設立が相次ぎ、ふたたび05年シーズンも登場。さらには同年の東京最終戦での引退セレモニーが決定して、ついに迎えたのがこの日というわけです。e0094804_17797.jpg
試合前、正面ゲートでファンとの記念撮影。試合後にはオーロラビジョンに映されたファイティー活躍のビデオをB・Bと並んで眺めたり、ファンに手を振りながら場内を一周したり。驚いたのは、相手チームの応援団までもスタンドに残り「ファイティー、ファイティー」のコールを贈っていたこと。




e0094804_135690.jpg
お客さまに対して、拍手は「させる」のではなく「せずにはいられない何かを生み出す」ことが、制作の仕事。また一年、それを実践する年でありたいと思います。
素晴らしいキャラクターを創り、大切にしてくれたファイターズに拍手!
[PR]
# by yukihiroxx | 2006-01-04 01:13 | 野球のこと | Comments(0)

ピヴォ☆ガールもうすぐ初日! 〜クリスマス会をしました〜

イブも稽古、クリスマスも稽古、大晦日は本番、元旦も稽古。
でも子供たちは元気元気!今日は休憩時間にクリスマス会をしました。

e0094804_3265365.jpg


あわせて、12月がお誕生日の
出演者にはバラの花を進呈。
短い時間でしたがちょっとだけ
クリスマス気分を味わいました。

そんなわけで、人気のタレント
女子フットサルチームが2日ずつ日替わりで同じ作品を上演する“本格派ガールズ・スポ根・
エンターテイメント”ピヴォ☆ガールはもうすぐ開催。当日券も全ステージで用意しています。
ぜひぜひ観にきてくださいな!






e0094804_3272539.jpg

e0094804_327374.jpg

e0094804_3274950.jpg

[PR]
# by yukihiroxx | 2005-12-25 04:03 | 演劇のこと(参加作品) | Comments(0)

Get up!Stand up! 〜劇場マナー向上委員会〜

 そんなわけで、今日某劇場へ開演ギリギリに飛び込んだのは僕です。失礼いたしました。

 しかしあれだね。日本人っていうのは何でいったん座ると意地でも立たないかね。劇場でも球場でも、客席のブロック中央あたりの席の人が来たとする。通路際からその人の席までは、みんな着席済み。んで「Excuse me」または「ごめんなすって」とひと言。
 こんなときアメリカでは間違いなくみんな立ち上がって、後から来た人を通してくれるわけさ。
 立ち上がれば(跳ね上げ式のシートだったら)座る部分が畳まれるのでスペースができる。そこに座っていた人が立つ。そうすると座っていた人の足モトの部分が空く。後から来た人ゆうゆう通れる。

 ところが日本の人って、絶対立たない。「うんしょ」っとヒザを斜めにずらしてはくれるんだけど「おばさん、それでスキマできるほど、あんたのオミ脚は細くないッスよ」っていうひとがほとんどです。ハイ。

 それに立ってくれたら、顔と顔がすれ違うわけで「Thanks」「You're welcome」なんてやりとりから会話が生まれたりして、とくにスポーツ観戦なんかはそれをキッカケにおしゃべりが盛り上がったりもするわけさ。
 ところが座ったままだと、後から来たひとのお尻(or 股間)が目の前を通り過ぎてくわけで、これはやっぱり気持ち悪いッしょ。

 今日の提案。劇場や球場で通路際に座ったひとへ。あとから内側の人がきたら、ぜひぜひ一度立ち上がって通してあげましょう!
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-12-16 02:41 | 演劇のこと(鑑賞作品) | Comments(0)

拍手という花束を贈ろう!〜「はやく起きた朝は…」のこととか〜

 昨日のアレグリアのお話に関連して、サイリウム(発光スティック)による演出について。

 ぼくが制作運営を担当しているはやく起きた朝は…オンステージのシリーズでも、これを使ったら?というアイディアはずいぶん前からあったのだけど、やっぱり「客席から舞台へ贈る最高のプレゼントは拍手だろう!」と言う考えで、ずっと見送ってきたのでした。
 お客様が手に何かを持っていたら、それだけ拍手は弱く少なくなってしまいますからね。

 ぼくは一貫して、客席に何かをさせるのは、運営スタッフではなく演出であり役者でなければならない〜という考えをもっています。
 客席から拍手をせずにはいられない、立ち上がらずにはいられないほどの力を持った演技、演出、公演を成立させる。そのために何ができるか、それが僕ら制作サイドの腕のみせどころだと思っているのです。
 だから、最終日だからといって当たり前のようにサイリウムが配られると、何だかなぁ〜と思ってしまうのでした。

 カーテンコールでファンからの花束をお断りしている演劇集団キャラメルボックスのお客さまからのメッセージに「これからも拍手という花束を持って劇場にいきます」というような言葉があったそうです。素晴らしいですよね。
 なにより、鳴り止まない拍手は舞台袖にさがっても聞こえるのです。さあ手を叩こう!

e0094804_11345.jpg …といいつつ、ホントは一回だけサイリウムの演出、やったことあるんです。まだタイトルが「おそく起きた朝は…」だったころの2003年公演。毎年フィナーレは「春一番」を歌うのが恒例だったのですが、この年のエンディングは「春よ来い」と「春一番」の2曲メドレーでした。
 エンディングに手拍子のいらない曲というのは初めてだったし、それが最後の一曲ではない、という構成に「チャンス!」と思い、演出家の了解をいただき、照明家の了解をいただき、サイリウム900本を発注したのでした。

 そのときにつけた注意書きはこんな…
STOP!まだ発光させないで!! 〜開封前によく読んでください 〜
「おそく起きた朝は…」オンステージ2003最終日にご来場ありがとうございます。
【お願い その①】
今回のオンステージ、歌のコーナーで三人はユーミンの「春よ来い」に挑戦します。
そのとき、このペンライトで会場を光に包んで三人を応援してください。
直美ちゃん、貴理子ちゃん、由美ちゃんの三人はペンライトのことを知りません。
12回のステージをがんばりぬいた三人へ、客席からの内緒のプレゼントです。
【お願い その②】
ペンライトを使うのは「春よ来い」1曲だけ。そのほかの曲では力いっぱいの手拍子を。
エンディングには総立ちの拍手も大歓迎です!


 このときの「春よ来い」は、松居直美さんが客席を通って歌いながら舞台へ。サビから磯野貴理子さん、森尾由美さんが舞台袖から合流〜という演出。
 僕は直美ちゃんが客席に入る際の扉の開閉も手伝っていたのですが、 扉を開けた途端の光の渦に、一瞬何ごとかわからず立ち止まったあと、声を震わせながら歌ってくれた直美ちゃんを見て「やったぁ!」と思ったものでした。

 でもそれ以上にうれしかったのは、「春一番」のイントロと同時に、皆さんがお願いどおりちゃんとライトをしまって、とてもとても大きな手拍子が始まり、とてもとても大きな拍手をいただきながら、エンディングの緞帳を降ろせたことなのでした。

 今日はちょっと手前ミソな話になってしまいました。
 はやく起きた朝は…オンステージ2006は2月7日から12日まで池袋サンシャイン劇場で開催。チケットは12月18日発売です。見に来てね。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-12-12 01:13 | 演劇のこと(参加作品) | Comments(0)

雨はおもに広野に降る 〜素敵な舞台がたくさん(^ ^)〜

忙しい忙しい〜と言いつつも、遊んでないとか休んでないとかいうのはカッコ悪いことだと思っているので、ムリヤリ時間を作って劇場へと足を運んでます。
ひとつひとつ、ゆっくり語りたいのですが、まずは忘れないうちに11月のまとめ。

調教師(シアターコクーン)
 僕には難しすぎました。
 泳げないのに水槽にもぐってがんばった黒木メイサちゃんに拍手。

リトルショップ・オブ・ホラーズ(青山劇場)
 大好きな作品なぶん、う〜ん…って感じ。
日本版のリトルショップと、こどもの一生というふたつの作品は、くりかえし様々なカンパニーで演じられているのだけど、初演がすごすぎて、それを越えられずにずっともがいてる感じ。
 ちなみに「リトル〜」日本版の初演はシーモアが真田広之さんでオリン(歯科医)が陣内孝則さん。日本版演出が青井陽治さんで振付けが後に“宮本亜門”になる宮本亮次さん。博品館劇場の狭さも、この作品にぴったりだった。「こども〜」初演は、今はなき劇団「売名行為」公演で、古田新太さんがシアタートップスでチェーンソーを振り回した伝説の作品。そういえば山田のおじさん役に古田さんが復活した「こども〜」パルコ劇場公演でも、クライマックスになると吊り天井をさげたり、なんとか舞台を「狭く狭く」使おうとしてたのだけど、トップスほどの密室感はでなかったなぁ(そりゃそうだ)。
 とりあえず今回のバージョンは劇場広すぎ、歯医者ひどすぎ。
 ムシュニクをただのゴーツク親父にしなかった小堺一機さんに拍手。

e0094804_2535626.jpg
マイ・フェア・レディ(帝劇)
 大地真央さんに脱帽!芝居で歌うっていうのはこういうことをいうんだ!
 前回、ヒギンズ草刈正雄さん版で観たときは、正直それほど感銘を受けなかったのだけど、今回の石井一孝さんのヒギンズをはじめとする新キャスト・新演出で、コミカルなところとエレガントなところのメリハリが、よりはっきりした感じ。もちろん作品全体が、多少軽くなってしまった感は否めないけど、「こういうマイ・フェア〜を作るんだ」という意図がはっきり伝わっきて、とても楽しめた。
 新バージョンを作るという意味が、はっきり伝わってくる公演。拍手。



e0094804_254387.jpg
アレグリア
日本最終公演・千秋楽
(新ビッグトップ)
 シルク・ド・ソレイユのなかで、一番好きな作品。日本初演の東京公演に参加していたこともあって、純粋にお客の視点では見られない部分も多いです。
 フジテレビのイベント最終日って、サイリウム(発光スティック)を配ってお客に振らせるのが、なかば恒例になっちゃっているみたいだけど、善し悪しだなぁ。
 これだけパワーのある作品なんだから、余計なもの持たせないほうがホントに会場割れんばかりの拍手になるのに…。運営側でも最終日だから「何か特別なことをやらなくちゃ」と思うだろうけど、うーん。
 これについては近々しっかり語りたいと思います。とりあえず、素晴らしい作品に拍手。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-12-11 03:04 | 演劇のこと(鑑賞作品) | Comments(2)

グアムに行ってきたのだ!〜チップとかサービスのこととか〜

e0094804_1544343.jpg
 ということで12月1日から5日までグアムに行ってきました。
 今回はノースウエスト航空でためたマイルを使っての無料航空券と、ここ数年ヒルトンホテルのチェーンを多く利用していたおかげでいただいた「ヒルトンGOLD VIP」の資格を使ってアップグレードしたお部屋の宿泊。
 お手頃予算でぜいたく気分を味わってきました。

 グアム・ヒルトンは、タモン湾のなかではいちばん端にあり、街なかに出るにはちょっと遠い(タクシーで12ドルくらい?)のですが、日本の激安パッケージなどではまず利用しないホテルということもあり、子供連れや団体が少ないので、静かにのんびりしたいときには超オススメのホテルです。
 スタンダードルームの山側といういちばん安いお部屋をあえて予約していたのですが、アップグレードしていただいたのは、マガラヒタワーというデラックスルームがある棟の、さらに上2フロアだけにあるエグゼクティブルーム。もちろんお部屋も広めでアメニティグッズも充実しているのですが、何より堪能したのはこのフロアの宿泊者だけが利用できるエグゼクティブラウンジ!

e0094804_242846.jpg なんと朝食ブッフェの無料サービスに加え、夕方5時から7時までカクテルサービスがあるのだ!!!朝食はパンとシリアルだけのコンチネンタルではなく卵やハム、ベーコンも。カクテルサービスに至っては、チキンウィングやらポークの串焼きやら、小食な人なら晩ごはんになっちゃうおつまみ類に加え、ビールまで飲み放題。
 滞在中はハンで押したように、朝ごはん→日光浴→ラウンジでちょっと引っ掛けて →T.G.I.フライデーズ・グアム店に行ってさらに飲む〜をくり返していました。なんて幸せな毎日!

 そうそう3日の晩は、グアム・ヒルトンの隣にあるイパオ・ビーチパークで、グアム日本人会の年に一度のお祭りがあると、T.G.I.フライデーズのマネジャー・ユタカさんに教えていただき、足を伸ばしてみました。
 これはグアム人口約6万人のうち1/3の2万人は参加するといわれている大きなお祭りで、現地の日本人が、地元の人たちと交流しようという目的もあるようで、ローカルの人たちも大勢参加。ホントに、今夜は誰が観光客の相手をしているんだろう?と不思議に思うほど、現地の人たちでにぎわっていました。
 中央のヤグラを囲んでの盆踊り(っていうか年末踊り?)、やステージでのチャモロの伝統芸能であるファイヤーダンスと和太鼓の競演、それらを囲んだたくさんの出店での、いろんなお料理。そして圧巻はこれでもか!というくらい打ち上げられる花火。
 いやぁ〜真冬に花火ってのもいいものですねー。

 ちょっと気になったのが、タクシードライバーやウエイター、ホテルのベルボーイなどにチップをわたすと、妙に恐縮したりとても感謝されたりすること。そういえばレストランの勘定書きなんかも、もうどこの店に行っても最初から10%のサービスチャージが加算されて出てくるようになってた。
 よくグアムに行っていた10年前頃はたしかこんな感じではなかったと思うのだけど〜。
 あんまり日本人がチップを渡さないので、自衛のためにそんなふうになってきちゃったんだろうか。 
 チップというのは、それを手に入れるためにどんどんよいサービスをしようという気になる、とてもいいシステムだと思う。日本にも定着しないかと思っているほど。逆に不愉快な扱いを受けたときにはチップを1セントだけおいて帰る〜ていう抗議もできるしね(これ、ホントにやったことある。何もおかないとチップをしらない日本人だと思われるので、ピカピカの1セント貨を1枚だけおいてきてやった)。

 T.G.I.フライデーズのバーテンダー・アルドレン君。僕のことを覚えているだけではなく、前にあったのが2年前ということ、さらにそのときの会話の中身まで覚えていて、ホントにびっくりさせてくれました。楽しい会話とおいしいお酒。10%のサ−ビス料に加えて、彼へのチップをはずんだのは言うまでもありません。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-12-09 02:53 | 旅のこと | Comments(0)

そして公演は続く… 〜ピヴォ☆ガールとかラヴシーンとか〜

 すっかり更新が滞ってしまっていました。
 椅子の上の猫、ダブリンの鐘つきカビ人間の両東京公演を終えツアーに送りだしたあと、ぼくはと言うともう年末年始、そして来年の公演の稽古であります。

e0094804_4474354.jpg 年末年始は本格派ガールズ・スポ根・エンターテインメントのピヴォ☆ガール。1月末にはフジテレビアナウンサーによる朗読舞台ラヴシーンVol.10、そして2月が人気番組がテレビを飛び出したはやく起きた朝は…オンステージ2006です。
 先日までのイス猫とダブリンは日程が重なっていても、主に運営担当だったので宣伝プランやグッズ販売管理など、まあどうにかこなせました。でも今度は三つとも制作担当ということで、それぞれ稽古場も見なきゃだし、半月ずつズレているとはいえ、こっちのほうがはるかに大変そうな予感、トホホ。

 そんな多忙な日々の中、イベント業務管理者でありつつ構成作家でもあるという部分は、やはり重宝がっていただいておりまして、 ラヴシーンVol.10ピヴォ☆ガール 両公演の制作発表の構成を担当させていただきました。こういうシゴトは楽しいんだな、うん。

 アナウンサーが多忙なスケジュールをぬって大挙参加してくれたラヴシーンVol.10
制作発表レポートはこちら
 小島くるみちゃん立花彩野ちゃん時東ぁみちゃんら、アイドルタレント50人(!)が勢揃いするピヴォ☆ガールの制作発表は11月28日(月)16:00から、池袋サンシャインシティ・アルパB1の噴水広場で開催〜ということで、こちらは一般のかたにも見ていただけるので、
来てね。


恐れ多くも野田社長の巨乳ビジネス概論と、カレッツァのフットサルブログにトラバ。
公演終了までよろしくです。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-11-26 05:02 | 演劇のこと(参加作品) | Comments(0)

本田美奈子.さん安らかに

もう昨日のことになってしまいました。
平成17年11月6日、本田美奈子.さんが午前4時38分、永眠されました。
大好きな「ミス・サイゴン」。
初演・二演のすべてのキャストを通しても、やはり私にとってのキムは美奈子.さんでした。
念願かなって私が「屋根の上のヴァイオリン弾き」にツアーマネジメントで参加させていただいたときには、美奈子.さんはホーデル役を卒業されていて、ついにお仕事では接点のないままでしたね。
でも、今もこれからも、美奈子.さんは大好きなミュージカル女優の一人であり続けます。

がんばりましたね。
ゆっくり、休んでください。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-11-07 02:48 | 演劇のこと(鑑賞作品) | Comments(0)

忙しーっ!

 ここんとこ更新が滞っちゃっています。
 現在公演中の「ダブリンの鐘つきカビ人間」東京公演に会場運営で参加しつつ、まもなく公演日も重なってる「椅子の上の猫」の初日。
 さらには来年1月に開催する「ラヴシーンVol.10〜PRINCESS SPECIAL〜」の制作発表と、今月なかばにある「都民の消防官表彰式」の二本の構成台本を書かねばならず、しかも年末年始に開催される「ピヴォ☆ガール」への参加も急遽内定!とどめはこんどの日曜に情報公開する2月の公演の準備…と、まーいつ寝ろっていうんでしょ?ってな状況です。
 でもね。やっぱりどれだけ忙しくても遊ばなきゃ、とは思っています。
 遊びますよ、絶対。よし、宣言しよう、12月1日から5日は仕事しません!
 ずっとカテゴリだけ作って中身なしだった「旅のこと」に、記念すべき初コラムを書こうじゃありませんか。乞うご期待!

 ごくごく私的に、最近すっかりごぶさたの旧友たちへ元気ですとアピールしたいがために
書いては書き直しハルブログにトラックバックしてみたりする。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-11-03 03:02 | 演劇のこと(参加作品) | Comments(3)

まったく見えません 〜クイーン+ポール・ロジャース〜

クイーン公演 フレディも“登場”
熱狂!絶唱!新生クイーン“日本限定公演”に2万5000人
クイーンに2万5000人総立ち!
20年ぶりクイーン復活!さいたまアリーナ2万5千人

 まったく見えません。
 アリーナ席後方、見えづらいではなく「完全に見えない」です。100列近いアリーナ席を完全にフラットな床面に並べておいて、あのステージの低さは何ごとでしょう。
 どんなに遠くても、豆粒のようでも、ナマの姿が見えてこそ、表情や指の動きはモニターでと思えるのですが。

 ワールドツアーなので、照明トラスが縦横無尽に動くあのプランを一切変更することができず、会場の天井高から逆算してああいったステージ高にするしかなかったのなら、今回の会場は高さについて不適格。それともステージのいちばん低いところを(前方のオーディエンスとコミュニケートするため?)あれだけ低くすることが前提として決まっていたのなら、100列近いアリーナに段差がつけられない部分で不適格といわざるを得ないなあ。
 音がナマだからモニターを見て12,000円払えというのはいかがなものでしょう。
 俺たちはテレビ中継を見るために20年待ってたんじゃない!〜という人が大勢いたような気がします。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-27 11:11 | 音楽のこと | Comments(0)

椅子の上の猫 〜オンエア&イベント情報〜

 前回、横浜でのトークイベントをご紹介した椅子の上の猫の開催が近づいてきました。

 先日稽古場にフジテレビ公式サイトのカメラが入り、
 稽古風景や出演者のコメントを撮ってくれています。
 公式サイトでは「ニュース&トピックス」と「舞台写真」の欄に注目。
 フジテレビのほうはオンエア情報を伺ったので、以下にご紹介いたします。

  10/26(水)〜28(金) 13:00 ライオンのごきげんよう
    川崎麻世さん ゲスト出演
    28日は「椅子の上の猫」に関連したトークが聞けるかも?とのこと。
  10/28(金) 深夜 プレミアの巣窟(情報番組)
    稽古場風景と匠ひびきさん、川崎麻世さんコメント
    番組リザーブ予約あり
  11/2(火) 深夜 男おばさん(情報番組)
    匠ひびきさん、川崎麻世さんコメント
    番組リザーブ予約あり

そしてそして、我々スタッフからもおしらせをひとつ。

トークイベント開催決定!e0094804_2124377.jpg
11月13日(日) 17:00公演の終演後、匠ひびきさん、川崎麻世さんら出演者によるトークイベントを開催。
同公演のチケットをお持ちのお客様は引き続きトークイベントもお楽しみいただけます。
ぜひご来場ください。



このコラムはごまだれ鳩居: 椅子の上の猫遥かに想いを馳せて: CS「演劇の小径#13に、それぞれトラックバックさせていただきます。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-26 02:28 | 演劇のこと(参加作品) | Comments(0)

ホワイトバンドについて〜ほっとけない批判と誤解〜

 <ホワイトバンド>趣旨説明不足で購入者から批判へのトラックバックです。
あわせてホワイトバンド公式ブログにもトラックバックさせていただきます(10/26追記)


 いま僕の腕にも巻かれているホワイトバンドについて、売上が直接募金にならないことについて批判が広がっているという。
 ・・・って、おいおい最初っからそう言ってたじゃん!

ほっとけない 世界のまずしさ

 あらためてホワイトバンドのHPを見てみたけど、目的は寄付を募ることでなく「貧困をなくす政策をみんなで選択する」ことだって、ちゃんと書いてあるし、僕もそれに賛同してホワイトバンドを身につけた。批判は、それがわかりにくいっていうことなのだろうけど、自分の300円が何に使われるかよく理解しようともせず、ただ「良いことをした気分になるため」に身につけていたとしたら、そんな人たちの姿勢こそ問題なんじゃないか?
 
 僕はこれまで「チャリティ」というものについて、とても懐疑的だった。いまお腹をすかせている子にパンを与えても、お腹をすかせてる原因を解決しないと、明日も明後日もパンを与えなくちゃいけないことになるよね。だからその原因をほったらかしにして、いくらかの物やお金を援助して良いことをした顔をするのがすごく嫌だった。でもホワイトバンドのキャンペーンの、その“根本の原因”に働きかけようとする主旨にすごく感動して、一も二もなくバンドを身につけたわけさ。

 そういえばこんな話も聞いたことがある。
 阪神大震災復興の初期、毎日ちゃんと休憩をとり8時間働くと帰ってしまう(職業としての)土木作業員のかたを白い目でみながら、ボランティアと称する人たちが昼夜を問わずしゃにむに働いていた。でもプロの作業員の人たちのほうも、それを困った顔で見ていたそうなんだ。
 やがて日を重ねるに連れて、ボランティアの人たちは力尽きあるいは体を壊して、ひとり減りふたり減り。結果、ちゃんと体力や作業量の配分を考えて働いていたプロのかたのほうが、遥かに効率的にたくさんの復旧作業をこなしたということ。

 モチはモチ屋というわけじゃないけど、貧困の救済も、もう個人が体力の限界までがんばってもどうにもならないんだと思う。
 ホワイトバンドのHPにもあるように、20年前のライブエイドはアフリカ救済を訴え、280億円の募金を集めて寄付をした。でも、のちに280億円という金額はアフリカが先進諸国に返済している債務額のたった一週間分だと知って、主催者は愕然としたそうだ。この「極端な貧困」は、ポケットの300円を届けることじゃなくて、根本的な構造そのものを変えなくちゃいけない。根本的な構造を変えるには、目下のところ政策で変えるしかないということなんだろうね。

 そして“ボランティア”という言葉も、本来は「自発的に」というだけの意味であって、決して「報酬を得ずに」とか「無償で」ということではないはずなんだ。
 同じように、この300円をアフリカへ届ける、難民のために無報酬で働く〜そんなことをくり返しているうちにその人自身が疲弊してしまうとしたら、ちゃんと生活の糧を確保しながら、毎日の仕事をしっかりやることで、目の前にいる誰かを幸せにすることのほうが皆の幸せに繋がるって、そんなふうに思うな。(このへん微妙にブリザードミュージックby 成井豊さん〜これで「演劇のこと」になったかな?)


ほっとけない 世界のまずしさ


 以前、劇作家の鴻上尚史さんがこんなことを言っていた。
「演劇は涙を流す根本の原因に対しては無力だ。でも涙をぬぐうハンカチにはなれる」
 もちろん根本の原因が一朝一夕に解決するわけじゃない。それまでに必要な“ハンカチ”もぜったいにある。
 だから、ぼくもぼくなりのやりかたでハンカチを差し出しつつ、“根本の原因”について戦っているひとたちを応援したいと思うんだ。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-25 01:03 | 演劇のこと(鑑賞作品) | Comments(1)

アレグリアは進化する!? 〜アレンジバージョンに挑戦してみた〜

 昨日ご紹介したオリジナルカクテルのアレグリア、さっそくTB先のjuly_brideさんからコメントをいただいた。

  >>アレグリア、素敵なカクテルですね
  >>カンパリは定番以外飲んだことがないので、どんな味がするのか興味津々です、
  >>やや甘め強めなのかな?

 そうですね。アルコール度数はほどほどですが、やや甘めです。
 ただ、コメント欄にも書いたとおり、この甘さとカンパリの苦味がとてもよいコンビネーションになるので、より大人な味が好みの場合はシロップを減らすよりも、カンパリをダブルにしてマラスキーノと同量にするとよいと思います。

e0094804_0472244.jpg さてこのアレグリア、ここ数年行きつけにしているT.G.I.フライデーズ銀座八丁目店のバーテンダー諸氏と、いくつかアレンジバージョンを工夫してみたので、本日はそれらをご紹介。

アレグリア2
 まずは肝心のマラスキーノリキュールを置いていない場合。チェリーといえばヒーリングが定番なので、チェリーばかり何種類も置けないのか、こういうお店は結構ある。でもヒーリングではクセがありすぎてカンパリとマッチしないし、なによりオリジナルと違った味になってしまうのだ。
 そこで(フライデーズにもなかったので)、試してみたのがカクテルの飾りにつかうマラスキーノ。これは小さいビンの中にチェリーをリキュール漬けにしてあるものを使ってるお店が多いと思うのだけど、普通は捨ててしまうこのリキュールを使って作ってもらったら、味はバッチリだった。
 ただ残念なのは、着色しているのかサクランボの色が染みだしてしまうのか、リキュールがほんのり赤色になってしまっているので、カンパリを足してもあまり色のフロート感が楽しめない。残念。

アレグリア・ディタ
    カンパリ        15ml〜30ml
    ライチ・リキュール   30ml
    フレッシュライム    15ml
    シュガーシロップ    15ml
    ソーダ         適量
 製法はオリジナルと一緒。チェリーの代りにライチ・リキュールを使ってみたバージョン。上記のアレグリア2が、味はよかったけど色の面が残念だったので、クリアなリキュールでカンパリに合うものはないか?と考えてみた。
 うまいが甘い。好みにもよるのだけど、これの場合はカンパリも30mlにして苦味も効かせたいと思った。
 このときはパライソで作ったのでホントだったら「アレグリア・パライソ」なのだけど、語感も素敵な気がするディタを指定して「アレグリア・ディタ」と呼んでみたいね。

アレグリア・メンテ
    カンパリ        15ml〜30ml
    ホワイトペパーミント  30ml
    フレッシュライム    15ml
    シュガーシロップ    15ml
    ソーダ         適量
 製法はオリジナルと一緒。チェリーの代りにミント・リキュールを使ってみたバージョン。違った味を楽しもうと、「クリアなリキュールで、しかも果実系から離れてみよう」の発想で香草系どうしの組み合わせに挑戦。
 これはうまい。絶品。ミントとカンパリって、こんなに合うとは思わなかった。くれぐれも緑のミントを使わないように。まぜると毒々しい色になる。

e0094804_048594.jpg
 忙しいのにいろんなアレンジに挑戦してくれたT.G.I.フライデーズ銀座八丁目店に感謝。タクさんピロくんクエルボくんジェシーくんリョウくんバルさんそのほかクルーの皆さま(書ききれなくてごめん)、また一緒に遊んでくださいませ。


 だいぶ前の記事で恐縮ですがフライデーズつながりでT.G.I.フライデーズにトラックバックさせていただきます。TB先のlilwaco24-7さんはマリーンズも大好きなようですね。
 ボビーやベニー、マティーに、メッツでつかめなかったシリーズチャンピオンの座を目指してもらいましょう!こちらの野球のこともよろしくです。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-20 00:46 | 食とお酒のこと | Comments(0)

アレグリア 〜10年前のオリジナルカクテル〜

アレグリアが東京に帰ってきた。観てない人は必見。
シルク・ド・ソレイユについては書きたいお話もたくさんあるのだけど、それはまた今度。
今夜はオリジナル・カクテル「アレグリア」について〜

    カンパリ        15ml
    マラスキーノリキュール 30ml
    フレッシュライム    15ml
    シュガーシロップ    15ml
    ソーダ         適量

    グラスは8オンスタンブラーを使用。
    カンパリとソーダ以外の材料をシェークして氷を入れたタンブラーへ。
    ソーダで満たし軽くステアした後、カンパリを静かに注いでフロート。

 このカクテルは神戸に行くと必ず立ち寄るとても素敵なバー「alco hall」のマスター、梨本さんにお願いして作っていただいた。今から10年近く前の「アレグリア」の日本初演に参加していた頃、まだ公演も観ていないマスターに「アレグリア〜スペイン語で幸福」という情報だけで考えていただいたもの。スペインから「赤」という発想で、カンパリを使って何かできないかと考えてくれたそうだ。

 このカクテル、作っていただいたときは下2/3はクリアなまま、上1/3だけ鮮やかな赤がフロートして、とても綺麗なカクテルだった。だけど、ベースの部分とカンパリの比重があまり違わないようで、よっぽど上手にフロートさせないと混ざってしまうらしい。その後いろんなバーで作ってもらったのだけど、なんとなく赤とクリアに別れてるかな、ということはあっても、alco hallのときほど鮮やかなフロートには未だにお目にかかってない。
 もちろん混ざってしまっても美味しいことには変わりなし。なので、自分のなかでは「スペイン語で幸福」という名前にひっかけて「上下で赤とクリアに別れたら明日はハッピー」という「おみくじみたいなカクテル」ということにしているのだけど、作る前にそんなこと言うと、どこへいってもバーテンダーさんがけっこう緊張する(^ ^)。また「大吉」を引いてくれるお店に出会いたいなぁ。

e0094804_2213664.jpg


 写真が無いのも寂しいので本文にあまり関係ないけど、アレグリア日本初演時のアイドル、フープを演じたエレナ・レブ嬢と「キダム」ボストン公演で再会したときの記念写真を1枚。


(おまけ)
上記のレシピ、フレッシュライムはいまとても高価なので行きつけではないお店で頼むとイヤな顔されるかも。シュガーシロップを混ぜてしまうのでコーディアルのライムでもよさそうなものだけど、あるバーテンダーのかたは「シュガーシロップを混ぜたほうが、多少なりともカンパリより比重が重くなってフロートしやすいと考えたのかも」と言っていた。これがホントだったらそこまで考えた梨本さん、すげぇ〜。

(おまけついでに)
お店によっては“隠れ家”のように営業してるお店、利用している人もいるはずなので、
お店情報はウェブ上で検索可能なものがあった場合のみ掲載することにします。
そんなわけで alco hall に興味をもったかた、三宮を飲み歩いて探してみてね。

このコラムはカンパリソーダにトラックバックさせていただきます。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-19 02:17 | 食とお酒のこと | Comments(3)

「椅子の上の猫」トークイベントを開催しました!

 9月24日のことだからちょっと前の話になってしまうのだけど、久しぶりにトークショーの構成・演出なんていうお仕事をやらせていただいた。
 来月、東京のシアターアプルで上演され、その後全国を巡演する椅子の上の猫という舞台のプロモーションイベント。出演は匠ひびきさんと、川崎麻世さんのお二人だ。

e0094804_0444568.jpg
 お二人の魅力を引き出しつつ、公演の宣伝にもなる内容で60分との依頼。
 まだ稽古も始まっていない段階だったので、どこまで公演のアピールができるか不安だったのだけど、幸い、共演者のみなさんが大挙して応援に来てくださることになり、「本読みの実演」というコーナーを設けることに決定。
 お二人のトーク、本読み実演、会場からの質議応答の三部構成で、なかなか楽しい内容にできた(のではないかと自画自賛)。くわしいイベント内容は公演ホームページの特集ページを参照お願いしますね。

 お二人のトークの部分、こういったトークショーの構成と言うのは、極端な話「ここで匠さん登場、司会のリードで楽しくトーク20分」とか書いてしまえばOKだったりする。実際、司会をされるかたが経験豊富で、構成作家より先輩格のかただったりすると、こうしてお任せにしないと失礼といった場合もあるのだ。
 で、今回は司会者とも相談のうえ「話がはずんだら脱線OK」というお約束で、話題の流れと質問事項案、時間配分くらいを作ってみた。
 こういうお仕事やインタビューのお仕事をするときに、絶対にやってはいけないといつも自分に言い聞かせているのが、「あらかじめ言わせたいことを決めておいて、そこへ話をもっていこうとする」みたいな展開。これをやるとぜったい話に真実味がなくなるし、ご本人たちも気持ちよく話してくれなくなるんだよね。今回はうまくいっただろうか。

 続いての「本読み実演」はホント楽しかった!
 この作品は、失恋したOLとゲイバーのママのちょっと不思議なラブストーリー。まだ衣装も動きも決まっていない段階だけど、当日のお客さんに少しでも雰囲気をつかんでもらおうと、ゲイバーの店員たちとのにぎやかな場面を「読み」だけでお伝えする試み。
 主演のお二人に加え、ゲストの今 拓哉さん、野添義弘さんらに、ほとんど初見で読んでもらったところ、それぞれ自分なりのキャラクターを作り上げていて、ぼくらスタッフまで笑ったり聞き入ったり。これが稽古を経て、どのように変わっていき、完成していくのかがとても楽しみ。当日来てくれたファンのかたにも、本番でそんなあたりを楽しんでもらえたらうれしいなあ。
 そうそう、今さんと野添さんの二人とご相談して「そこへ二人、ドヤドヤと入ってくる」という“ト書き”が二度もでてくるのに注目。そのたびにト書きに続けて「ドヤドヤドヤドヤ」と大声で効果音(?)を入れてもらった。これには会場じゅう大爆笑。あ、でも本番ではト書きは読まないからこのギャグ使えないのか、う〜ん残念!

 この日、麻世さんは全国順演中の「付き馬屋おえん」の合間をぬっての参加のため、朝、高松市から到着し、終了後松山へ向かうという強行スケジュール。そのため、たくさん寄せられた会場からの質問用紙にはお時間の都合でふたつした答えていただけなかったのがちょっと残念。質問が採用されたかた、記念のサイン色紙、大切にしてくださいね。

    yukihiroxxは引き続き東京公演にスタッフで参加します。
    日程は11月10日〜14日、東京・新宿のシアターアプル
    その後全国ツアーもあります。くわしくは公演ホームページでご確認ください。

e0094804_0281085.jpg
(追伸)
 出演の冨田真之介くん、10月15日稽古場で20歳の誕生日を迎えられました。
 当日は東京公演主催のコマ・スタジアム、フジテレビから届いたバースデーケーキと、
 麻世さんのリードでハッピー・バースデーの合唱をプレゼントしてお祝い。
 これからは打ち上げでお酒も飲めるね。おめでとう!

このコラムは遥かに想いを馳せて:「椅子の上の猫」関連にトラックバックさせていただきます。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-17 00:24 | 演劇のこと(参加作品) | Comments(2)

“ふたりのカレンダー”とその前の… 〜地震・アドリブ・黒柳!?〜

e0094804_22184781.jpg

 今日は10月16日(日)。関東地方では夕方、
震度3〜4の大きな地震がありました。
そのころyukihiroxxは、運営協力で参加している黒柳徹子さん主演 ふたりのカレンダー
公演中。
 一瞬、客席もざわついてしまうほどの揺れだったのですが、すぐにおさまったので、舞台とロビーそれぞれから内線電話で無事を確認。
何ごともなく公演を終えることができました。


 ここ数年この時期は、徹子さんの主演舞台をお手伝いさせていただいているのですが、そういえば昨年のローズのジレンマでも公演中に大きな地震がありました。(徹子さんってもしかして「地震を呼ぶ女?」)
 そのときは地震の規模も大きかったことに加え、ル テアトル銀座のとっても高い天井からシャンデリアを吊るという舞台セットだったので、それがグラグラ揺れはじめて客席は騒然。でもそこで、さすがは芸達者のみなさん!という場面をみることができました。

e0094804_2231278.jpg 舞台上は黒柳徹子さん、岡田真澄さん、うじきつよしさんの三人が会話している場面。
 最初の揺れはそのまま流して演技を続けていたのだけど、二度目の大きな揺れがきて、さすがに無視できないと思ったのか、うじきさんが「うわっ、地震だよ!」とアドリブ。舞台がニューヨークの郊外という設定のお芝居だったので、それを受けて「何言ってるの、ニューヨークに地震なんてあるわけないじゃない」と徹子さん。最後に岡田さんが「どうかな、ちょっと見てくるよ」と言って、なんと舞台袖に消えてしまったのです。
 おそらく舞台監督さんと打ち合わせたのでしょう。すぐに戻って「大丈夫みたいだよ、ところでさあ〜」と芝居に戻ったら、会場からは拍手喝采!
 この揺れは無視するわけにはいかないと思ったうじきさん。否定すれば岡田さんが間に立つと考えた(たぶん)徹子さん。ちゃんとそれを察して袖の様子を見に行った岡田さん。
 こんなに自然に、芝居を壊さずスタッフとも確認をして舞台を続けるなんて、この三人じゃなきゃできないな〜と思ったものです。

 さいきんは地震が多くてちょっと心配ですね。大勢の人が集まる劇場でのお仕事、安全管理にはとくに注意していきたいと思います。

    そんなわけで黒柳徹子海外コメディシリーズ最新作ふたりのカレンダー
    10月23日まで東京・ル テアトル銀座で公演中。
    当日券は各公演、開演1時間前から会場で販売されます。
    ぜひご来場ください!(大阪公演は28日〜30日、シアター・ドラマシティです)

このコラムは大好きな黒柳徹子さん!にトラックバックさせていただきます。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-16 22:18 | 演劇のこと(参加作品) | Comments(1)

第2ステージ マリーンズ先勝!〜球場のスタッフに怒るぞ〜

 マリーンズがベニーで勝った(^ ^)!
 アグバヤニ選手への思い入れは前回のコラムで読んでいただくとして、
 今夜はちょっとばかりyukihiroxx@怒りモードなのだ。

<ロッテ>ソフトバンクに勝ち越し先勝 パ優勝決定第1戦

>> ソフトバンクの的場が攻守に奮闘。故障中の城島の代役を大舞台で存分に務めた。
>> バットでの活躍は勝ち越しを許した直後の七回裏。2死三塁から「野手の間を抜ける
>> 打球をイメージしてバットを振った」一撃が同点打に。守備では八回表。サブローの
>> 邪飛をフェンスにぶつかりながら好捕。試合前は「平常心で戦う」と自らに言い聞か
>> せるように繰り返していたが、まさに堂々のプレーが光った。

 この一塁ベンチ横の捕邪飛、球場やBS・CSの放送で観てた人はわかったと思いますがバットボーイはちゃんと椅子を抱えて逃げてくれたのだけど、ボールガールの奴、なんと
パイプ椅子をほったらかしにして逃げやがった!!!
 上記の記事では“フェンスにぶつかりながら”とあるが、ぼくの目には椅子にも接触していたように見えたぞ。プロの選手ならフェンスまでの距離はある程度、体感でわかる。ましてやヤフードームは的場の本拠地だ。だがしか〜し、そこに椅子があるかどうかまで、ファールフライ追いながら気にしてられるワケないではないかっ!直撃のライナーじゃあるまいし、自分の真上にフライが飛んで、椅子もどけられないようなら、たかだか3時間のゲームくらい立っていろっ!と言いたいぞ。

 フィールドにある異物がプレイヤーにとって、いったいどれだけ危険なものか。ましてやホークスのホームペースは城島捕手を欠き、実質的には的場捕手の一枚砦。そんなこともわからない奴はグランドにいる資格なし。「喝」だぁ〜!
 ぼくらのころ、ボールボーイは球場の所属だったのだけど、いま彼女らは球場のスタッフなのか球団のスタッフなのか。いずれにしても、あんな意識の低い小娘をフィールドに置いておく管理者にも「喝」を送るぞ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メジャーの球場で試合前にビールを買おうとしたら、ベンダーのおじさんに「いま国歌が流れるからちょっと待て」と言われ、二人並んで胸に手をあて星条旗を見つめた。球場で働いていたころ、真夏のダグアウト裏でとんでもなく辛そうにしていたマスコットキャラクターの俳優さんが、それでもグランドに飛び出すと別人のように飛び跳ねていた。
 ボールパークは夢の舞台、最高のプレーを最高の雰囲気で楽しむ場所。フィールドはもちろんゲートからスタンド、バックヤードまであらゆるスタッフがプロフェッショナルであり、エンターテナーでなくちゃいけないんだよ。

e0094804_2494675.jpg
     なつかしい20年前のyukihiroxx。まったく代わってやりたかったよ…
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-13 02:06 | 野球のこと | Comments(0)

ジョー山中さん サイト論争続報〜サイコーの決着 (^ ^)/〜

e0094804_021755.jpg

昨日ご紹介したばかりのジョー山中さんのファン対立問題(?)にいきなり大きな動きです。
(元)オフィシャルサイトが、呼称を公認ファンクラブサイトに変更。続いてそのBBSにジョーさんご本人からの書き込みがありました。もちろん2ちゃん伝説板側も即座に反応。
まずはこの書き込みと、それに続くいくつかのコメントを抜粋で掲載させてもらいますね。


21:41 ファンクラブサイトにジョーご本人から書き込み
>【483】 みんな ありがとう! JOE  
>名称を(joe山中 公認ファンクラブサイト)と変えてくださいと、
>俺の気持ちを伝えました。
>アーティストjoe山中を愛してくれてる人達がいる事を知って嬉しいです。
>これからはもっと俺の方からも協力していきたいと思う。

21:58 同サイトに2ちゃん側オピニオンリーダー(通称:突入)氏からエール
>【485】 新しい世界へ 伝説の名無しさん
>管理人ならびに後援会の皆さんの英断に敬意を表します。
>ジョーを愛する人たちによる手作りの、熱意あふれるサイトとして受け入れられること
>と信じます。

22:00 2ちゃん伝説板のジョー山中スレに住人から和解(?)の第一報
>54 :伝説の名無しさん :2005/10/11(火) 22:00:26
>   着地!
>   ジョー本人まで突き動かした突入よ、おまえスゲエや!!

22:52 同スレに突入氏本人からコメント
>56 :突入 :2005/10/11(火) 22:52:31
>  おまいらこれまで応援ありがとう
>  なんかジョーの“格”にキズがつくような気がして
>  「オフィシャル」の呼称に逆粘着してたんだけど、
>  それだけじゃなく、ジョー本人からカキコもらえて、
>  おまけにこれからはもっと情報もくれるなんて
>  なんかすげー感動だよ

23:12 ファンクラブサイトに管理人氏から着地宣言
>10日の夜、お忙しい中、ステージの間をぬって九州のライブハウスより電話を
>頂戴しました。
>そしてジョーさんのアドバイスにより名称を「Joe山中 公認 ファンクラブサイト」と
>変える事にしました。
>至らぬ点は多種あると思いますが努力を重ね前進してまいります。
>ジョーさん有難う御座いました!!!

========================================

というわけで、批判もあった(元)オフィシャルサイトは、公認ファンクラブサイトとして存続。ファンの手作りと思えば、これまで通りでも充分がんばってる内容。さらにそこにアーティスト自身が積極的に協力すると申し出てくれたことで、2ちゃん伝説板の住人が求めていた「情報の充実」も果たされることになりそう。
ねー、すごい大人の決着でしょ!上記のやりとりも後半は両方のサイト行ったりきたりしながらほぼリアルタイムで読んでたので、なんかこちらまで感動してしまいました。

ファンクラブ側は、現実的には唯一のジョー山中サイトだし、ご本人と連絡とありあって制作してることもあって「オフィシャル」の名称にはこだわりがあったんだと思うのね。でも、そこ一つ折れさえすれば余計な批判を受けずに、これまでのように手が届く範囲での運営を続けていけると考えたんだろうし、何よりジョー本人から「そうしたら?」とアドバイスされれば、断る理由なんかなかったんだろうね。
でもって2ちゃん側は、突入氏の「この内容じゃ公式は名乗れないぞ」という彼なりの思い入れが受け入れられた。さらにスレ住人の「もっと情報を!」という希望も、ファンサイトとして存続しつつそこにアーティスト本人から積極的に情報が書き込まれるようになれば、何の文句もないんじゃなかろうか。
論争が続いていたころ、正直ぼくの中では、スポンサー営業やファンクラブ有料化など何らかのかたちでサイトのメンテナンス費を捻出するか、逆にサイトが閉鎖に追い込まれて結局みんなますます困ってしまう状況になるかくらいしか、先が読めなかった。
九州から、それもライヴの合間に電話一本でこんな見事なシキリを見せてくれたジョー、やっぱりすごい人だ…。

そんなわけで関東地方にお住まいの皆さま、11月8日は渋谷クロコダイルのライヴへGO!

このコラムは戦国自衛隊にトラックバックさせていただきます。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-12 00:19 | 音楽のこと | Comments(0)

ジョー山中さんの周辺〜ファンとファンのはざまで〜

e0094804_134767.gifジョー山中さんというボーカリストが好き。
古くは、70年代に日本よりも海外で成功した
「フラワー・トラベリン・バンド」のボーカル、
そして「人間の証明」が初めて映像化されたときの出演&主題歌で知られたひと。このジョーさんの
周辺が最近何やら騒々しい。

いちおうオフィシャルサイトと銘打ったサイトがあるのだけど、実際は後援会のひとが運営しているらしく、内容はいかにも手作りといった感じ。
でもって、例の巨大掲示板にあるジョー山中スレでは「もっと充実させてくれ〜」なんて声が以前からあったわけさ。
たしか9月に都内でライブがあった直後に2ちゃんスレに「客層が最悪」みたいなコメントが掲載されたあと、それを公式のBBSにも張り付けたか誰かがコピペしたのを皮切りに、公式=後援会の「俺たちはボランティア精神でやるのだ」グループと、スレ住人の「公式を名乗るならもっと何とかせんかい!」グループがネット上で丁々発止。
まあファン同士の意見の衝突はよくある話だと思うんだけど、正直いまのところ「公式」を名乗ってるほうが穴が多く劣勢で、2ちゃんスレ住人のほうが優勢になってきてるっていう形勢は珍しいんじゃないかと思って(ジョーさんには悪いんだけど)最近注目しちゃってるという次第。

e0094804_21850.jpg一応、公式側の論旨としては管理人の「素人くさいがボランティア精神が後援会の原点なので、このままのかたちで続行する。これが私のやりかただ」という声に、「アーティストがサイトの運営を委ねたのだから彼についていく」という支援者たちといった様子で、わりと一枚板な雰囲気。
いっぽう2ちゃん側はオピニオンリーダー格の「伝説の名無しさん」(2ちゃん内では「突入」というコテハンになりつつあるみたい)が「後援会の中では何をやろうと勝手だが、オフィシャルを名乗る以上サイトの不備は許されない。改善させられないなら公式の看板をおろしてファンサイトを名乗れ」という論調(これが言葉はキツイけど結構理屈通ってるんだ)で、状況としては押し気味なんだけど、その他のスレ住人は「公式の看板おろせ」という空気はあまりなくて、とにかく「中身を何とかしろ」というほうの声が強い。ま、これはもちろん、新譜やライブの情報に飢えてた人たちには、公式サイトが閉鎖しちゃったらヤブヘビだから当然か。このへんのリーダーと住人の温度差が今後ウィークポイントになるかもしれないね。

論争が盛り上がりかけてきたとこで、2ちゃんの前スレがdat落ちしちゃったのだけど、公式のほうのログと、2ちゃんの現スレで状況はつかめると思うので、興味のあるかたはのぞいてみてくだされ。
そんでもってぜひご意見を。いちおうyukihiroxxは、最初は荒らしっぽかったけど最近は筋道立てて話すようになってきたので、説得力のある2ちゃん側に傾いてます。

まぁいずれにしても音楽はウェブ見るより、議論するより、生で聴いてこそナンボのもの。
関東地区のかた、11月8日渋谷クロコダイルのライブに、みんな行こうね。

このコラムは友人宅でにトラックバックさせていただいてます。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-11 02:01 | 音楽のこと | Comments(1)

Mr.アグバヤニおめでとう!〜プレーオフに思う〜

プレーオフ第1ステージ、マリーンズが勝った。
ニューヨーク・メッツ親派としては、ボビーもベニーもいるマリーンズの勝利は
うれしい限り。
e0094804_4454145.jpg
ニッポン放送のレポートではMr.アグバヤニ(あえてこう呼んでみるメッツファン)は
「メジャーを諦めても野球を諦めなくてよかった。ボビーを信じてついてきて
よかった」とダグアウト裏で号泣していたそうな。
東京ドームのメッツ-カブス開幕戦で豪快なグランドスラムを放ったベニー。
ミューヨークで再会したとき「あのホームランを生で観たんだ」といったら、
とても嬉しそうにしてくれたベニー。福岡でもグッド・ラック!

e0094804_446413.jpg
ところで、パ・リーグのプレーオフ。
シーズン1位のチームがシリーズにでるべきだ、なんていう批判が今もあるらしい。
基本的には肯定派なのだけど、どうして「1〜3位での対決」にしちゃうんだろう?
ポストシーズンというのはやっぱりチャンピオン同士が戦う試合であってほしい。
メジャーみたいに6球団総当たりの成績を地区へ持ち帰って、ファイターズ・イーグルス・マリーンズのなかで成績1位を「東地区優勝」、ライオンズ・バファローズ・ホークスのなかでの1位を「西地区優勝」、優勝チームを除いた勝率トップを「ワイルドカード・ウィナー」として戦ってもらえば、どのチームが勝ちあがっても、何らかのチャンピオンとしてパ代表になるのにね。
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-10-10 01:48 | 野球のこと | Comments(0)

2005 新年のご挨拶(年賀状から再録)

 昨年の8月24日、シアトルでおこなわれたマリナーズ対デビルレイズ戦。イチロー選手がシーズン199本めのヒットを放ったこの試合で、2回裏スイングアウトでの三振が記録されています。イチロー選手にとっては三振自体も珍しいことですが、このとき、その判定に激しく抗議するひと幕が見られました。おそらく中継では「イチローにしては珍しく抗議をしています」といった程度の場面だったかと思いますが、実はこの抗議、それ以上に彼の野球に対する真摯な姿勢があらわれた場面だったのです。

e0094804_2443798.jpg


 ハーフスイングを「振った」と判定されてのこの三振、キャッチャーはボールを弾いて身体の前に落としていました。走者は三塁。可能性は低いとはいえ、振り逃げの権利が発生する場面です。にもかかわらず、主審はかなりの間をおいてからストライクのコール。キャッチャーはすばやくボールを拾ってイチローにタッチをしました。
 イチロー選手が激しく抗議をしたのは、止めたバットをスイングと判定されたことではなく、振り逃げという次のプレーが生まれる判定でありながら、それを即座にくださなかった主審の落ち度に対してだったはずです。そうでなければ、いつも決して判定に不平を言わない彼が、あれだけ激しい抗議をする理由が見当たりません。

 第一線に立つもの同士、そのジャッジには厚い敬意を表し、その行動には重い責任を求める。逆もまた然り。きっとそれが、彼のプロフェッショナル哲学なのですね。
 世界は違っても、そんな緊張感を持って日々を過ごしたいと思います。
 また一年、素晴らしい年にしましょう。ハッピー・ニュ−イヤー!
[PR]
# by yukihiroxx | 2005-01-01 00:00 | 野球のこと | Comments(0)

2004 新年のご挨拶(年賀状から再録)

半年で162試合を消化しなくてはならないメジャーリーグでは、雨の日もそう簡単に中止にはできません。
開始を遅らせたり、中断しての待機はあたりまえ。天候回復の望みがあるときには1時間以上も待つことがあります。突然の雨には内野にシートをかけて待機するのですが、手作業で広げるその手際のよさも見事です。

e0094804_2524984.jpg

やむを得ず中止のときは、日程消化を第一に翌日をダブルヘッダーにして、入場券は年内の空いている席に振替えOKという対応が多いのですが、昨年の6月21日、ニューヨークっ子が楽しみにしている交流戦、メッツ対ヤンキースが中止になったときのこと。1週間後に予定されていたヤンキースタジアムでのデーゲームに続いて、メッツのシェイスタジアムでナイターという、メジャー史上でも過去2度しかない、同日中に別々の球場を使ってのダブルヘッダーが設定され、入場券もそのまま有効になりました。
しかもこの対応がわずか1時間の中断の間に決定され、中止決定と同時に球場でアナウンスされたのです。
万全の準備と、迅速で柔軟な対応。2004年の目標がみつかったような気がします。
[PR]
# by yukihiroxx | 2004-01-01 00:00 | 野球のこと | Comments(0)

2003 新年のご挨拶(年賀状から再録)

「遊んでいない」とか「休んでいない」とかいうのはカッコワルイことだと思っています。だから時間をみつけては、それはもうムリをしてでも遊ぶようにしています。
違う国のひと、違う世代のひと、違う世界のひと。
まったく別の文化や、ぜんぜん別の考えかたに触れること、そしてそういったものに目を配れるだけの、気持ちの隙き間を持てることこそが、きっと僕らの視野を広げ、もっと遠くへ連れていってくれるように思うのです。
新しい年がはじまります。まだまだ忙しい毎日が続きそうな気配です。
でも忙しさを言い訳にしないで、今年も懸命に遊んでやろうと、そんなふうに思っています。

2002年の夏、サルティンバンコが日本公演を終わってしばらくのころ、シルク・ド・ソレイユが当時上演していたその他の演目が、偶然すべて北米に集中していた時期がありました。通常は北米、アジア、ヨーロッパと分散しているはずのシルクの公演。これはチャンス!と、シルクの旅“Le Tour de Soleil”をしたときの写真を、この年の年賀状には並べてみました。

e0094804_20453552.gif  DRALION  Aug.13,Seattle
e0094804_20455456.gif  VAREKAI  Aug.15,Toronto
e0094804_20461618.gif  LA NOUBA  Aug.17,Olando
e0094804_20463761.gif  with Miss Elena Lev
  QUIDAM  Aug.18,Boston
e0094804_2047106.gif  ALEGRIA  Aug.22,Minneapolis
e0094804_20555489.gif  “O” Aug.23,Las Vegas
e0094804_20561331.gif  MYSTERE  Aug.23,Las Vegas
[PR]
# by yukihiroxx | 2003-01-01 00:00 | 旅のこと | Comments(0)

2002 新年のご挨拶(年賀状から再録)

 声援のことば。フェンス越しに叫ぶのは、英語では「Charge!」だとか「Come On!」、日本語だったら「がんばれ!」ですよね。でも、たとえば試合前の選手との会話の中だとすると、日本語はやっぱり「がんばってください」だけど、英語だと「Good Luck Tonight」なんてよく言います。
 明確な神様をもたない日本人と、欧米人の違いはあるにせよ、これは決して運を天に任せておけばいいってことではないんです。彼らも相手もしっかり頑張っていることを認めたうえで、頑張ったその先にある幸運を祈ってあげる、とても素敵な表現だと思うのです。
 頑張りかたは人それぞれ。努力のすべてが報われるわけではないシビアな世界もたくさんあります。だけど、どんなときでも「あとは幸運を待つばかり」っていうところまで、自分をチャージしておきたいものですね。
 また新しい1年がはじまります。皆さんにGood Luckを!
[PR]
# by yukihiroxx | 2002-01-01 00:00 | 野球のこと | Comments(0)

2001 新年のご挨拶(年賀状から再録)

大リーグのボールパークが大好きな理由のひとつに、バックネット以外にネットがはられていないことがあります。だから試合前には選手が気軽にサインに応じ、ゲームが始まれば転がったボールをつかもうとファンが手をのばす、そんな光景がうまれるのですね。
サインというのは、ある瞬間を、大好きな選手と自分が共有した証です。書かれた文字以上に、出会えた時間、応援した試合、忘れられないプレーまでが脳裏に広がる大切なものですよね。
お宝ブームとかで、スーパースターのサインが高額で売買されたりもするようですが、たとえば無名な選手、地味な選手でも、僕のために立ち止まって、言葉を交わしてくれた“時間”こそが、持ち主だけにしかわからないサインボールの価値だと、そんなふうに思うのです。
[PR]
# by yukihiroxx | 2001-01-01 00:02 | 野球のこと | Comments(0)

2000 新年のご挨拶(年賀状から再録)

 メジャーリーグのファンサービス企画のなかで、ファンが心待ちにしているもののひとつに、ファイアワークス・ナイト〜花火大会があります。これは普段あまりお客さんの入らない球場でもこの夜ばかりは満員になるくらいの人気企画なのです。
 五回のグラウンド整備の時間をちょっと長くとって打ち上げたりというようなものではなく、終了後に、これでもか!というくらい延々と打ち上げ続けます。お客さんもこの日だけは試合がどんなにワンサイドになっても辛抱強く応援しながらその時を待つのです。
 昨年はフィラデルフィアとニューヨーク(シェイ・スタジアム)でこの花火を見る幸運に恵まれたのですが、四方をスタンドに囲まれたフィラデルフィア・ベテランズ・スタジアムでは、なんと死角になる側の観客全員をグラウンドに移動させ、みんなで花火見物をしました。スコアボードと場内放送を通じて「次はセクション○○〜○○移動してくれ、おっとマウンドにはあがっちゃダメだぜ!」みたいな感じで誘導し、お客さんもすごく協力的。あっという間に数万人が移動したのは、僕にとって花火以上に感動的な光景だったのです。
 「そんな無茶な」って考えるより、「うまくいったら楽しいじゃん」と思えるハートと「やってやろうじゃない」と思えるパワーを、持ち続けていきたいと思います。
 旧年中はありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by yukihiroxx | 2001-01-01 00:01 | 野球のこと | Comments(0)

welcome!

yukihiroxxのブログへようこそ!

最新記事から順番に

演劇のこと(参加作品)
演劇のこと(鑑賞作品)
映画・映像のこと
音楽のこと
野球のこと
スポーツのこと
食とお酒のこと
旅のこと

個人的なこと(^ ^)
携帯電話から速報!

マッキントッシュ×ファイアフォクス(2007年まではエクスプローラー5)で作成・確認しています。とくにウィンドウズ環境のかた、レイアウトなど乱れてしまう場合はお知らせください。

トラックバックスパムへの対策のため、トラックバック元のURLに、このブログへの言及リンクがない場合は、トラックバックを受け付けないようにしています。ご了承ください。
[PR]
# by yukihiroxx | 2001-01-01 00:00 | トップ

-

e0094804_17423773.jpg

[PR]
# by yukihiroxx | 2001-01-01 00:00 | 個人的なこと(^ ^) | Comments(0)