人気ブログランキング |

武道館で沢田研二さんコンサート。ゲストにピーさん、タローさん、サリーさん。シローさんも来た!

e0094804_3342799.jpg
楽しいステージでした。
ホントにジュリーさんが「君だけに~」って指さすと、その方向に座ってるお姉さんは「キャ~」っていうんだね。
シローさんも少しずつ元気になっているようで、本当によかった。
「ザ・タイガース」一夜限りの“復活” 岸部四郎「夢のよう」
 歌手の沢田研二(63)がボーカルを務めた伝説的グループサウンズ「ザ・タイガース」が24日、東京・北の丸公園の日本武道館で“復活”した。

 昨年9月にスタートした沢田の全国ツアーには、ドラム・瞳みのる(65)、ギター・森本太郎(64)、ベース・岸部一徳(65)と当時のメンバーがゲスト参加。この日の最終公演には、岸部の弟で後期メンバーのタレント・岸部四郎(62)も特別出演した。

 03年に患った脳梗塞の後遺症で歩行困難になった四郎は、兄に支えられて登場。ザ・ビー・ジーズの「若葉のころ」を披露した。ザ・タイガースは71年1月24日に日本武道館で解散コンサートを行っており、ちょうど41年ぶりに同じ場所で5人がそろった。

 一夜限りの“再結成”に、四郎は「夢のようです」と感無量の様子。沢田は「これで少し元気になってくれれば」。この日は、初期メンバーでは加橋かつみ(63)だけが不参加となったが、沢田は「全員そろってのザ・タイガース。近い将来、それが実現することを願っています」と言葉に力を込めた。




ジュリーさんといえば、ぼくが幼稚園くらいのころ(ライダーとウルトラマンにめざめる前ね)、GSが好きでよく歌ってたらしいです。でもいちばん好きだったのは「わいるどわんじゅ」だったらしい(母談)。

それから15年くらいして、野球場で仕事をしていたころに、ウグイス嬢のお姉さんが好きだったんだろうか、当時の新譜「架空のオペラ」が、お客さんが入る前の練習時間によく流れていました。
時期でいうと「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」とか「麗人」をヒットさせた JULIE&EXOTICS 解散後くらいの頃です。

いいなぁと思って聞いていたら、その次のアルバム「夜のみだらな鳥達」からジュリーさんを含むバンドとしてクレジットされるようになった「CO-CoLO(ココロ)」っていうユニットが、えらくかっこよくて、このあたりが熱心に聴くようになった頃。
なにしろ、チト河内さんと原田ユージンさんのツインドラム、元FTBの石間秀機さんのギター、篠原信彦さんのキーボードなど錚々たるメンバーで、黒っぽくて厚い音が大好きでした。

次の「告白」が、ぼくのなかではジュリーさんのベストアルバム。
たぶん前の奥様と別れた頃の作品で、投げやりな感じとやせ我慢、でも譲れない何か、みたいなのがごっちゃになってて、男心をくすぐるのでした。
ただ、そのぶん女心はくすぐらなかったのか、CO-CoLOの活動はとても短くて、その次の「TRUE BLUE」まで、アルバム3作、わずか2年ほどの短い活動期間で解散してしまいました。

でもその間に、インクスティック芝浦とか横浜ベイサイドクラブといった、素敵な会場でのいかしたライブに参加できたのは、とてもいい思い出です。
トッポさんを加えた完全なタイガースももちろんなのだけど、CO-CoLOも、もういっかいナマで聴きたいなぁ。
by yukihiroxx | 2012-01-25 04:09 | 音楽のこと
<< エンタメ入場券も、時代はEチケ... パルコ劇場で「志の輔らくご」。... >>