人気ブログランキング |

真田さんそして真矢武くん 〜七夕の夜に

この世界を志すキッカケになった公演のひとつに、まだ中学生くらいの頃に観た新宿コマ劇場の「魔界転生」があります。
子供の頃「仮面ライダー」大好き!で育ったぼくは、やがて宇宙からのメッセージ銀河大戦というヒーロー番組で、変身する前から素顔でモノすごいアクションを繰り広げる真田広之さんに注目!で、その真田さんをナマで観るチャンスがある、ということででかけたのがこの公演でした。
真田さんは映画版と同様に、転生して千葉真一さん演じる柳生十兵衛と対決する“伊賀の霧丸”、そして同時上演の「スタントマン物語」では主人公ヒロユキを演じていました。

肉体が躍動する。
そこにはドラマがあり躍動の理由がある。
役者はそれをライブで演じ、観客はそれをリアルタイムで感じる。

ぼくの舞台への思い入れはこれに尽きるのですが、
その魅力にとりつかれたのは、まさにこの作品でした。


そしてもうひとり。この作品は、後にとても応援したい男と引き合わせてくれました。
数年後に「スタントマン愛の物語」として再演された際に、主人公役を引き継いだ、真矢武くん。
次第に演技派に転向しつつあった真田さんに変わって、アクションは俺にまかせろ!とばかり、舞台狭しとかけまわるその姿を頼もしく観ていたことを思い出します。
もちろん、当時は役者と観客というだけの関係だったのですが、月日がたち、僕が会場管理を担当していた仮設劇場で「ロック・トゥ・ザ・フューチャー」が上演されました。
この作品に、武くんも出演していて、そこではじめて役者とスタッフというかたちでお会いすることができたのです。

「スタントマン〜」はもちろん、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」ほか彼の出演作をたくさん観ていること、アクションにとても思い入れがあることを話すと、彼もおもしろがってくれたようで、親しくなることができました。
まぁその後は男同士なので、わざわざ会うということもなく、彼の公演を観たあと楽屋でちょっと話したり、たまにメールを送信したり、といった程度のつきあいが続いていたのですが、彼もいろいろ考えるところがあったようで、いったん仕事をリセットして長期で海外へ渡ることになり、疎遠な状態が続いてしまっていました。

ところが今夜、ホントになにげなくネットサーフィンをしていたところ、リンク、リンクとたどっていくうちに真矢武オフィシャルブログがヒット!
おお、タケシ!元気そうじゃないか。
彼はいま、総合プロデュース、企画・脚本・演出・撮影・アクションコーディネート、そしてもちろん出演を一手にこなしながらショートフィルム「影」の製作にとりくんでいるとのこと。

天の川は牽牛と織女だけでなく、
男同士の古い仲間も引き合わせてくれるのかもしれませんね。
タケシ、成功を祈る!
by yukihiroxx | 2006-07-07 23:38 | 演劇のこと(鑑賞作品) | Comments(0)
<< mimiさん、Happy Bi... 向井佐都子さん、Happy B... >>