人気ブログランキング |

カテゴリ:野球のこと( 148 )

ジャイアンツ85周年ウイーク。特別価格チケットで二度目の観戦。

e0094804_20043561.jpg


by yukihiroxx | 2019-07-05 20:04 | 野球のこと

ジャイアンツ85周年ウイークということで、2席で850円というびっくりな席があったので飛びついてみたっ!そういえば僕が野球場にいた年は、一年間50周年の三角ワッペンをつけてたっけ、あれから35年!

e0094804_20233590.jpg


by yukihiroxx | 2019-07-03 20:23 | 野球のこと

興奮さめず。うれしくて眠れません。

e0094804_21394874.jpg
大谷選手、3安打で三割到達!
e0094804_21282089.jpg
5回裏、ジョナサン・ルクロイ捕手のファールボール。
練習球はもらったことあるけど、やっぱり試合球のほうがきれいです。

e0094804_21273391.jpg
e0094804_21272548.jpg
27日アスレチックス戦の2回、逆転ツーランのコール・カルフーン外野手

e0094804_21275121.jpg
e0094804_21274208.jpg
最多得票でオールスター戦スタメンが決まったマイク・トラウト外野手。

e0094804_21280829.jpg
e0094804_21280042.jpg
レッズ戦、25日の8回、26日の9回を、しっかり押さえたタイ・バトリー投手。

e0094804_21265986.jpg
e0094804_21271498.jpg
いちど座ってみたかったダイヤモンドフィールドボックス。
ホント、来てよかった。




by yukihiroxx | 2019-06-29 22:10 | 野球のこと

大谷翔平選手またまた三安打で三割到達。いちど座ってみたかった DIAMOND FIELD BOX 席で観てきた! エンゼルス 2-7 アスレチックス エンゼルスタジアム (アナハイム) にて

e0094804_21264904.jpg
e0094804_21394874.jpg
e0094804_21385480.jpg



大谷翔平、今季5度目の猛打賞! 第4打席は約177キロの弾丸二塁打で3割突破

第2打席に右手一本で右前安打を放ち、2打席連続でノーヒッター打ち
■アスレチックス 7-2 エンゼルス(日本時間29日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で4試合連続でスタメン出場し、今季5度目の猛打賞とした。4回の第2打席に5試合連続安打となる右前打を放つと、第3打席で三塁内野安打、そして8回の第4打席では右中間を破る二塁打。4打数3安打で打率は301となり、ついに3割を突破した。エンゼルスは2-7で敗れ、連勝は4でストップした。

 この日のアスレチックス先発はマイク・ファイアーズ投手。5月7日(同8日)のレッズ戦でキャリア2度目のノーヒットノーランを達成していた。初回1死一塁で迎えた第1打席は左直に倒れた大谷だったが、5点ビハインドの4回先頭で迎えた第2打席に快音。2ストライクからの3球目、低めへのスプリットを右手一本で右前へと運んで5試合連続安打とした。6月に入って好調を維持している大谷は、これで月間28安打目となり自身の月間最多安打を更新した。

 さらに5点ビハインドで迎えた6回の第3打席。フルカウントからの6球目、ファイアーズの外角高めのボールを捉えた打球は三塁線を襲った。快足を飛ばした大谷は悠々のセーフとなり、三塁内野安打。2試合ぶり今季16度目のマルチ安打とすると、8回の第4打席では左キラーの左腕ブクターが投じたフルカウントからの6球目を捉えると、打球速度110マイル(約177キロ)の弾丸ライナーは右中間を真っ二つ。二塁打となり、今季5度目の猛打賞となった。

 今季はこの試合まで162打数47安打10本塁打で打率.290の成績を残していた大谷。2試合ぶりの猛打賞で4打数3安打とし、今季50安打に到達。166打数50安打で打率.301となり、3割に届かせた。

by yukihiroxx | 2019-06-29 21:45 | 野球のこと

大谷翔平選手、10号2ラン観てきた! エンゼルス 8-3 アスレチックス エンゼルスタジアム (アナハイム) にて

e0094804_01130567.jpg
e0094804_01193047.jpg
e0094804_01195115.jpg



6/28(金) 12:07配信
Full-Count【MLB】

【MLB】大谷翔平、2年連続2桁本塁打!
日本人5人目、2打席目で9試合ぶりの豪快2ラン
昨季の51試合を上回り、44試合目での2桁本塁打到達に
■エンゼルス – アスレチックス(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で3試合連続でスタメン出場し、第2打席で今季10号の本塁打を放った。出場9試合ぶりの一発で、ルーキーながら22本塁打を放った昨季に続く2年連続2桁本塁打を達成した。

 この日、アスレチックスの先発はターナー・アンダーソン投手。今季4試合目の先発となった右腕で、今季は0勝2敗、防御率4.20。メジャー通算でも9試合の登板しかなく、大谷とはこの日が初対戦となった。
 第1打席は内角低めの際どいボールで見逃し三振に倒れた大谷。待望の一発は3回1死一塁での第2打席に生まれた。初球はボール、2球目は外角低めを見逃しストライク、1ボール1ストライクからの3球目、内角低めの難しいボールを捉えると、打球は中堅の頭上を超えスタンドへ。衝撃のバットコントロールでかけた10号2ランとなった。
 9試合ぶりとなる豪快弾に本拠地のファンは熱狂。デビューから2年連続2桁本塁打は日本人5人目。昨季の51試合を上回る44試合目での2桁本塁打到達となり、日米通算80本目の本塁打となった。
 6月13日(同14日)の敵地レイズ戦で日本人史上初となるサイクル安打を達成した大谷。21日(同22日)からのカージナルス3連戦は指名打者制ではなくベンチスタートとなったが、25日(同26日)の本拠地レッズ戦からスタメンに復帰した。26日(同27日)の同戦では3打数3安打で今季4度目の猛打賞を記録した。
 6月の月間打率.333、6本塁打18打点と好調を維持し、今季はここまで43試合で158打数46安打の打率.291、9本塁打31打点。この本塁打で160打数47安打10本塁打33打点となり、打率は.293に上昇した。

Full-Count編集部
by yukihiroxx | 2019-06-29 01:40 | 野球のこと

大谷翔平選手、3打数3安打1盗塁観てきた‼️ こちらにいる間にヒット何本観られるんだろ!? エンゼルス 5-1 レッズ エンゼルスタジアム (アナハイム) にて

e0094804_00062159.jpg
e0094804_00062879.jpg
e0094804_00174321.jpg


大谷 “技あり”3の3&1盗塁で躍動 チームの3連勝に貢献
6/27(木) 12:01配信
スポニチアネックス

◇インターリーグ エンゼルス5―1レッズ(2019年6月26日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が26日(日本時間27日)、本拠地アナハイムでのレッズ戦に「3番・DH」で先発出場。3打数3安打1四球1盗塁の活躍で3試合連続安打をマークし、打率を.291とした。チームは5―1で勝利し3連勝を飾った。

 初回の第1打席は、2死走者なしの場面で相手先発右腕ロアークと対戦。カウント2-2からの5球目、内角に入ってきたカーブをとらえ左前打を放った。
 4回の第2打席は、先頭で打席に入り、カウント1-1からスライダーを右越え二塁打。
6回の第3打席は1死走者なしの場面で四球で出塁すると、続く4番アップトンの初球にスタートを切り、二盗に成功。今季4盗塁目をマークした。
8回の第4打席では、無死二塁の場面で3番手右腕イグレシアスと対戦。カウント1-2から内角に鋭く入ったフォーシームを腕をたたみながら左前に流す、技ありの安打を放った。

 チームは1―1の8回にフレッチャーの適時打で勝ち越しに成功。その後も加点し、3連勝で貯金を1とした。
by yukihiroxx | 2019-06-28 00:23 | 野球のこと

大谷翔平選手、4打数1安打1打点観てきた‼️ エンゼルス 5-1 レッズ エンゼルスタジアム (アナハイム) にて

e0094804_22061126.jpg
e0094804_22063211.jpg
e0094804_22062299.jpg
きょうは1塁ベースラインの最前列で観戦。
大谷選手が一打点をあげた第4打席、トーバーの「神走塁」はネット裏に移動して観てました。初回、ラステラ選手の先頭打者ランニングホームランも見事。
きょうは脚で魅せるゲームでした。


【MLB】大谷も驚く“神走塁” 犠飛で二塁から生還、外野手のお粗末守備に敵ファン呆然「恥ずかしい」
■エンゼルス 5-1 レッズ(日本時間26日・アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地レッズ戦に「3番・DH」で5試合ぶりにスタメン出場し3打数1安打1打点だった。5回の第3打席で左前安打を放つと、7回1死二塁での第4打席ではフェンス際への左飛。この当たりを二塁走者のトーバーが一気に生還する“神走塁”で犠飛とした。
 3点リードのまま迎えた7回1死二塁。このチャンスで打席へ立った大谷は、3番手右腕ロレンゼンの前に左翼フェンス手前への左飛に倒れた。だが、この飛球を取った相手左翼手はチェンジと勘違いしたが、スキを見せた。代走トーバーはこれを見逃さず、二塁から迷うことなく三塁を蹴り、ヘッドスライディングで一気に生還した。
 ランナー二塁からの犠牲フライという珍しいプレーに、MLB公式ツイッターも着目。動画を添えて「2塁から犠牲フライで得点?!」と伝えると、「オオタニのおかげで、あれが可能だったんだよ」「三塁コーチのガレゴは素晴らしい判断をしたね!!!」とファンからも驚きのコメントが寄せられた。
 それとともに、生還を許したレッズ外野手のペラザを批判するコメントも。「僕が今まで見た中で、レッズの選手による最も恥ずかしいプレーだ」「ペラザは自分の世界に入っちゃってたんだね」「レッズの外野手はこの試合でお馬鹿さんだな」打った大谷も驚きの表情を見せたトーバーの“神走塁”は両チームのファンの間で大きな反響を呼んでいた。
Full-Count編集部
by yukihiroxx | 2019-06-26 22:15 | 野球のこと

目的地はモントリオールなのだけど乗り継ぎのミネアポリスで一泊したのはもちろんこのため。大谷選手今季初の3安打観たよー!

e0094804_02170537.jpg

e0094804_02171822.jpg

e0094804_02173094.jpg

e0094804_02174257.jpg


by yukihiroxx | 2019-05-16 02:13 | 野球のこと

ハム勝つ

e0094804_21064485.jpg


by yukihiroxx | 2019-04-05 21:06 | 野球のこと

ハムとホットドッグの夜

e0094804_19045999.jpg


by yukihiroxx | 2019-04-05 19:04 | 野球のこと